印花楽通信#1:印花楽の創立者から日本のファンの皆様へのメッセージ

日本の印花楽のファンの皆様、お元気でしょうか?
現在世界中においてコロナウイルスと戦っている大変な時期ですが、台湾にいる私達も日本の皆様を忘れておりません。
毎年春になると、台湾の印花楽のお店には、必ず日本語があちこちで聞こえてきます。私にとってはよく分からない言葉ですが、(すみません、日本語はわかりません・・)日本語に対して親近感を感じています。お店には日本のお客様がよくいらっしゃるし、日本にもたくさんの取引先がいて、よく知っている日本のお客さんも多くいます。だから日本語は私にとって、とても馴染みのある言葉です。しかし、しばらく私達と日本にいる皆様に会えなくなりました。

世界中の人達が、ともにウイルスと戦っている時期ですので、これくらいの忍耐は必要です。
現在お互いの国を行き来することが出来ない状況ですので、他の方法で交流することもできるかと思います。こういう形で皆様にメッセージと印花楽の近況をお知らせしたいと思います。大変な時期にもかかわらず、台湾にいる我々がブランドの新作開発について努力してきた事をぜひ皆さんにお伝えしたいと思います。

今月から日本のアマゾンにて印花楽の布製マスクの販売を開始しています。一般用マスクは中々手に入れないので(台湾も同じです)布製マスクを作りました。マスクの中に一般用のマスクやフィルター(不織布)を入れることができ、マスクの寿命を伸ばします。

また、今年の春も新作のプリントがたくさんできましたので、ご紹介します。まず、芸術家のUULIN様(発音はU-U-Lin)とのコラボシリーズとイラストレーターの古曉茵様とのコラボシリーズ、そして、洋服のコレクションもあります。

また、台湾でよく見られる2種類の花(センニチコウと菜の花)をイメージして作った新しい柄で生地、風呂敷とワンピースに取り入れました。
もちろん、ほかの綺麗な新作の生地もたくさんあります。

皆様も私と同じかは分かりませんが、私は綺麗なものを見ると頑張る勇気が湧いてきます。
このことは、私達が創作活動を続けていく理由になっています。なぜなら、毎日皆さんへ価値ある日々を送ってほしいと思っているからです。
また会える日がきたら、私達がもっと強くなり、命の大切さを感じられるようになっていることと信じています。
一緒に頑張って乗り越えていきましょう。ありがとうございます。
どうぞ宜しくお願いいたします。
謝謝!

印花楽共同創立者、アートディレクター
Ama 沈奕妤より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です